製本される前のイメージと実際に本になった時の印象の違い

製本される前のイメージと実際に出来上がったものの印象というのは、全く大きく異なるものです。
どちらが良いというのはそのとき次第ですので、思っていたよりも良いものが出来上がった
となることもありますし、逆に想像と違ってちょっと違うなと感じることもあります。
どちらにも共通することとしては実際に本になった瞬間というのは、
商品が出来上がったという実感が湧くということです。
このままこれを書店に並べることができるというものが出来上がったときの不思議な気持ちというのは、
製本される前の状態では決して味わうことができないものであり、出来上がったという感触は強いものです。
後はそれが思い描いていた通りのものか、そうでないかの違いが出てくるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です